2013/04/08

建築さんぽ系のエントリーについて

ここ数年の建築さんぽのエントリーについては、過去のブログ記事をみてもらうとわかるかもしれないですが、かなり混乱しているなーと。

というのも、東京坂道さんぽにも過去に建築さんぽと称して記事書いているんですけど、最近はめっきりそれも書く機会が少なくなり、自分の中でもどうカテゴリー分けするか混乱していたんです。
でも最近はだいぶ頭の中ですっきりしてきたこととして、建築散歩でも坂道になんらかのつながりのありそうなものや坂道探検家として興味がある建築話については、東京坂道さんぽでも引き続き書いていこうかなーと。
そして、どちらかといえば、エア建築家としての気持ちで建築を見て書きたいと思ったことは、こちらに書いていければなあという気持ちになっています。
これは前に「坂サミット」というイベントがお台場のカルカルであったのですが、その時の経験からなんとなく思い始めたことでもあります。
また坂サミットでもでた課題なのですが、坂と言ってもいろいろなカテゴリーやら坂の定義もその人の立ち位置によってたくさんありそうなので、詳しいことはまたそのうちまとめる機会をつくりたいと考えています。
あと、坂道探検家視点で建築てき坂道もしくは坂道(or地形)をリスペクトまたは模倣している建築階段やスロープだなーと自分の中で思ったものについてはこれからは「エア坂道」と呼んでみることにしました。

そんなわけで、坂道探検家としての視点とエア建築家としての視点というかレイヤー、まだまだ曖昧なところは多いですが、とりあえずこのあたりのことを考慮して進んでいこうと思っています。