2011/02/12

ビスコ

季節柄最近ラジオ(ここではFMのほうですよ)でたまにながれているチョコレイト・ディスコ。
知っている人も多いと思いますけどパフュームの曲ですよね。

ただ僕自身、前はパフュームと言われても「ふーん」というくらいの存在(失礼な話ですけどね)だったんですけど、昨年とあることがきっかけで一気に気になるグループになってしまったという経緯があり、なんていうか学生時代はJpopもそれなりにCD買ったり借りたりして敏感にきいてたんですけど、最近はコンポの調子が悪くなって(笑)CDを読み込んだり読み込まなかったりと好不調の波が多いこともあってよくきくCDだけをPCに移してそれらばかりきいて、新しいのはラジオで流れるくらいの曲しか知らないという感じになっていたんですよ。
そんなこともあり、昨年は重い腰をあげて、とりあえずレンタル屋さんでパフュームのCDを何枚か借りて過去の曲をきいてみたわけなんですけど、そんな中まず驚いたのがこの曲というわけなんですよ。
(ちなみに僕は紙ジャケット(+デザイン)や歌詞も気になる派なので、ダウンロードはいままでに一回くらいしかしたことがないんですよ。。(汗))

それで冒頭の「チョコレイト・ディスコ、チョコレイト・ディスコ、♪♪♪♪♪♪♪」っていう部分があると思うんですけど、たしか去年か一昨年かそれぐらい前にブックオフの店内でやたらとこの曲が流れていて、その時の記憶では冒頭の部分を「チョコレイト・ビスコ、・・・・」という感じで、タモリ倶楽部の空耳アワーじゃないですけど、あのグリコの赤いパッケージのおかしを想像しながら、ビスコといえばホワイトクリームだから、チョコレートのビスコもなかなかうまそうだなあ、なんて具合に勘違いして憶えていたので、CD借りて歌詞をよんだ時はちょっとびっくりでした。。(笑)

まあ、今はそんなことよりチョコレイトとディスコをひっつけたきっかけはなんだったんだろう?という方が気になりますけどね。



ちなみに、チョコレイト・ディスコはGAMEというアルバムに収録されていますよ。
ということで、最近堅い内容の記事が続いたのでここらでひと休みがてらでした。