2007/12/25

懐かしいメンバー

またまた気がつけば、もうこんな時期ですが、今年のこの12月という一ヶ月はいろいろと懐かしいメンバーに会う機会がなぜだか多かったです。

あるときは結婚式によんでもらったり、ある時は院時代の研究室の仲間(といっても先輩後輩入り乱れてという感じです・・)にあったりと、大学時代の友人たちと、なんだかんだといって4年か5年ぶりに再会というパターンがおおかったのですが、まあ、なんとかなるものですね。。

ただ、やはりというか、なぜか建築という学問というか分野を学んでしまったものは、おそらく経験していないかたにはわかりにくい話かもしれませんが、どうしても建築というものになにがしかの思いをもっていたり忘れられなかったりするようで、ある意味一種の麻薬みたいな魅力に侵されている(汗)のは、みな同じなのかもなあと思ってみたり。。

そんな中、建築設計という、なんとも楽しみと悲しみが混在している(かも?)場所へ、今までのおおいなる経験をいかして、出発するというか事務所をたちあげた友人S君(とりあえず名前をだしていいものかどうか聞いていないもので・・・)には、頑張ってほしいものです。

まあ、このブログは見ていないとは思いますけど・・・。

ということで、まだ25日なので、なんとなくクリスマスというかこの日らしくワインでも飲みながら、もうすぐはじまりますが、毎年楽しみにいている小田和正さんのクリスマスライヴのテレビ番組(中継?)を見て、今年のクリスマスを締めくくろうと思います。